良い専門家を探すコツ

063479_R

どうせ専門家に依頼をするのであれば、良い専門家に依頼をしたいと考えるのは当然のことです。
しかし、世の中にはたくさんの専門家の事務所があるため、どの専門家に依頼をしたらいいのかまったく判別をすることができません。

特に個人再生は債務整理手続きの中で最も複雑な手続きであるため、専門家選びは慎重に行う必要があるといえます。
それでは今回は、良い専門家を探すためのコツをご紹介します。

悪質な事務所にありがちなこと

よくある悪質な事務所にありがちなこととして、依頼をするまでに一度も専門家と直接顔をあわせる機会がないということが挙げられます。

最初の相談から依頼を受けるまで(委任状にサインをするまで)、対応するのは事務員ばかりで一度も専門家が顔を出さないような事務所は、悪質な事務所である可能性が高いです。

また、依頼後であってもなかなか専門家と連絡がつかず、どこまで手続きが着手されているのかわからない、といった場合には、早いうちの解任を検討しましょう。

良い専門家は相談段階で探す

良い専門家を探すためには、無料法律相談などの相談窓口を多く利用し、自らが直接専門家と接して、判断をするしかないといえます。

この専門家で大丈夫かな?なんだか不安だな・・・と思うような場合は、相談だけで終わりにし、依頼をしなければ良いだけの話です。

相談だけであれば、無料とはいかなくとも5,000円前後ですむところがほとんどなので、本当に自分に合った専門家は、自分の目で探すようにしましょう。

根拠のない説明に要注意

「私に任せておけばなんの問題もない」 「細かいことは気にしなくても大丈夫」といったような、一見すれば頼れる言葉にも聞こえますが、その根拠となる説明がない場合には要注意です。

なぜ、任せておけば問題がないのか?細かいことは気にしなくても良い理由は?といった質問にしっかりと答えてくれない専門家には依頼すべきではありません。
専門家には依頼者に対する説明義務がありますので、これをしっかり果たしてくれる専門家を探すようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ