連帯保証人がいる場合は要注意

e6d97f8afbd24288c9c38d0cb95025d9_s

個人再生に限ったことではありませんが、連帯保証人がいる場合の債務整理手続きは、間違った対応をすると、人間関係が悪化することにもなりかねません。
連帯保証人になってもらったという経緯は人それぞれではありますが、連帯保証人というのはそう簡単に引き受けるものではありません。

そのまま債務を背負っているのと、なんら変わりはありませんので、引き受けてくれたということは、深い人間関係があるのではないでしょうか。

個人再生の場合は必ず連帯保証人に請求がいく

個人再生は、裁判所で手続きをし、債務の圧縮をするというものです。
当然、裁判所が関わることになるため、手続きは債権者に対しても平等に行われることになります。

よって、連帯保証債務だけを特別扱いすることはできなくなっていますので、手続きの関係上、連帯保証人に対しては、連帯保証債権者から一括での請求がいってしまう可能性が非常に高いといえます。

債権者の判断によるところなので、必ずしも請求がいくとは限りませんが、個人再生の申立を検討しているのであれば、この問題の対処方法も考えておかなければなりません。

連帯保証人には必ず事前に相談・連絡を

連帯保証人に相談・連絡もせずに個人再生の申立をしてしまうと、連帯保証人はなにも知らないまま連帯保証債権者から請求を受けることになります。これでは、良い人間関係を継続できるとはいえません。

連帯保証人に対しては自身の状況をしっかりと説明し、迷惑をかけてしまうことを事前に必ず伝えておくようにしましょう。
そうしなければならないというわけではありませんが、これが保証債務を引き受けてくれた相手に対しての精一杯の礼儀なのではないでしょうか。

実際の支払いはどうなるのか

連帯保証債務の支払いについては、再生計画によって圧縮された債務を本人が支払い、その他の残った債務を連帯保証人が支払っていくという形式が一般的といえます。
連帯保証人に対しては、少しずつでも良いので負担させてしまった支払いを返済していくことが、円満解決へ繋がる道かもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ