過払い金請求の手順

過払い金請求の前に、まず過払い金請求が可能かどうかを診断してもらう必要があります。
最近では弁護士や司法書士で簡単に診断してくれるところが増えていますので問い合わせてみるといいでしょう。

過払い金請求依頼が確定すると、弁護士・司法書士から受任通知が発送されます。これにより取り立てが中止されます。
次に、債権者に債務の情報を請求して利息制限法により再計算します。これにより過払い金額がわかります。
弁護士・司法書士はこれを元に債権者と交渉して返金の合意を取り付けます。
こののち、債権者からいったん弁護士・司法書士の口座に過払い金が振り込まれ、手数料を引いた金額が依頼者に渡されます。
これが通常の過払い金請求の流れですが、まれには債権者と合意に至らず裁判となるケースもあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ