借金の時効

借金も時効が成立すれば払う必要がなくなります。では、借金の時効はどうなっているのでしょうか。
時効といっても、借金の場合は刑事事件と違って何年たてば成立するというものではありません。
借金の時効が成立するためには、いくつかの条件が必要となります。

1、一定期間借金を返済していないこと
一定期間とは通常5年です
2、時効が振り出しに戻っていないこと
時効が中断した場合、振り出しに戻ります
3、時効の援用手続きがしてあること
援用とは、返済する意思がないことを債権者に伝えることです

これだけの要件が必要となります。

援用手続きは個人で行うには限界があり、弁護士や司法書士に手続き代行してもらうのが一般的です。
個人で手続きした場合、時効が成立したと思っても実は成立していないなどのトラブルがあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ