個人再生認可決定後の流れ

db01adb41387b95e7ac1535f29f287b6_s

裁判所から個人再生の認可決定が出たあとは、1ヶ月の期間経過によって決定が確定に代わります。
この確定を持って裁判所での個人再生手続きはすべて終結することになり、これ以降は、裁判所とのやり取りではなく、各債権者とのやり取りになっていきます。

認可確定までにしておくべきこと

認可決定後は、履行テストにて積み立てたプール金をなるべく使わないようにし、その後も、毎月同じ金額、または再生計画で定められた返済額を積み立てておくことが理想的といえます。

日常生活を送っていれば、急きょ現金が必要になってしまうこともありますので、余裕を持った返済ができるように、積立金はなるべく使わないようにしておくことも重要です。
実際に返済がはじまるまで積み立てを行うことができれば、その後の返済はスムーズに進むといえます。

認可確定後は債権者ごとに振込先の確認

認可確定の翌月から再生計画に則った本当の返済がスタートするため、それまでに債権者に連絡を取り、振込先の確認をしておく必要があります。
振込先の確認の際に、認可決定書の添付をお願いされることもあります。
基本的にこういった手続きは弁護士に依頼しているのであればすべて代理でやってもらうことが可能です。

本人としては、弁護士から振込先の連絡がすべて届いたら、それをひとまとめにしておくようにし、これから始まる返済に備えておくのが良いでしょう。

返済は原則として3年間

特別な事情がある場合は、5年間までの延長が可能となっていますが、個人再生での返済は原則、3年間続きます。
この間、新たな借入をすることはできないため、買い物をする際は現金一括払いが基本となってしまいます。
そのため、現金の管理というのは今まで以上に気を使っていかなければなりません。

せっかく認可された再生計画が頓挫してしまえば、住宅やその他の財産を失ってしまうことになりかねないため、返済はしっかりと継続できるよう、自己管理だけは欠かさないようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ