自己破産するとどうなる?

自己破産すると、約半年で債務から解放されることになります。
ただし、裁判所から免責の決定がおりるまでの間は一定の制約があります。

生命保険募集係員や警備員などの仕事には就けません。
また、勝手に住所を変わることもできません。第三者との手紙のやりとりも管財人が介入します。
また、はっきりとした制約ではありませんが、自己破産は二度目は裁判所が簡単にはさせてくれません。
また借金ができたら再度自己破産すればいいという安易な発想は通用しません。
それと、よくある誤解ですが、自己破産しても税金は免除になりません。
税金逃れのために自己破産を考える人がいますが、これはできません。
債務整理の方法は自己破産のほかに、任意整理、特定調停、個人再生手続きなどがあり、それぞれ月々に返済できる金額や債務額、財産のあるなしによってどれを選んだらいいかが決まります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ