金利は法律で決められています

「銀行の貸し渋り」という言葉が世間をにぎわせたのは、みなさんの記憶にも新しいのではないのでしょうか。
同じ頃、法外な金利でお金を貸し付けるサラ金や闇金業者の業態が問題になりました。
借金をする場合、利率は原則として貸主、借主の両者が自由に定めることができます。
しかし、あまりに高い利率は借主にとって大きな負担。
そこで利息制限法という法律で、上限金利を15%~20%に定めています。

以前はこの法定利率が曖昧だったため、利率29%という高金利で貸付を行う業者もあり、それが問題となって現在の法が定められました。
これを上回る金利で貸し付けた場合、法外利息分は支払う必要のないお金として無効となります。
お金を借りるときは利息に注意しましょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ