借金問題でこれだけはやってはいけないこと

まず借金をすると、支払うときには必ず利子がついてしまいます。
利子は金利によって違うので、金利のことをしっかりと理解することが先決になってきます。
返せると思って借りた後に収入が減ってしまうこともあると思います。

金利を理解せずにお金を借りてしまうと、利息分ばかり支払っていて、元金の返済はほとんどできない状態にもなりかねないのです。
そして絶対にしてはならないのが、返済の滞納です。
滞納が1回程度でしたら、支払日にたまたま残金が無かったなどのトラブルなども考えられるのであまり問題はありませんが、2回3回と連続してしまうといわゆる「ブラックリスト」に名前が載ってしまいます。
ブラックリストは全金融業者に共有されますので、新たな借り入れができなくなってしまいます。
そうなってくると、いざというときにお金を借りれないなどの障害が出てきますので、滞納が続くのでしたら専門家へ相談するのをオススメします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ