二重ローンはどうなるの

約3年前の大震災で、自宅を流されてしまった人は多くいます。
そして、聞くところでは、家屋がなくなっても住宅ローンは、支払う義務があるというのです。
仮設住宅に数年間入り、不便ということで新たな場所に新築するケースも多いそうです。
新たに新築する住宅のローンと消滅してしまった住宅のローンの二重ローンを抱え借金問題で悩んでいる人達は多いことでしょう。
ローンの仕組みとして、家を失っても返済する義務があるのでしょう。
知人で、震災の日に契約書に印鑑を押し、やっと自分の家になったという人がいます。
そして、家の中の片づけをして照明器具がなかったので、近くの家電店に外出しているうちに震災がきて、海に近かったために津波で全て失くしたというご夫婦がいます。
公的機関の市役所で相談しましたが、ローンの契約書に印鑑が押されているので、ローンは成立しているので、返済する義務があると言われ困っています。
ある人から弁護士を紹介されて相談したところ、前のローンは、半額にまで減額になったということです。
困った場合は、専門家に相談するのが一番確実なようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ