個人再生を専門家に依頼するメリット

043f86c8dee2c774deef5a2c935f792d_s

個人再生を専門家に依頼するとなれば、どうしても費用がかかってしまうため、なかなか決心がつかないという方も多いのではないでしょうか?
ここで重要となるのは、専門家に支払う費用と手続きを依頼したことによる効果を見比べてみることです。

費用対効果は専門家に依頼を検討する上で、非常に重要な指針となるため、今回は個人再生を専門家に依頼した場合のメリットについてご説明していきます。

すべての債権者との間に入ってもらえる

個人再生を自力で申し立てるとなると、債権者との連絡などはすべて自身でやらなければなりません。

個人再生をするので少し待って下さいと債権者に伝えても、すぐにでも返済して欲しい債権者からの支払い請求が止むことはありません。
しかし、専門家に依頼をすればすべての債権者との間に入ってもらうことが可能なので、直接自分に債権者から連絡がくることはなくなります。
これは、かなりの精神的負担の軽減となるため、まさに専門家に依頼するメリットといえます。

裁判所との書面のやり取りをすべて任せられる

裁判所へ提出する書面というのは、なんでも良いわけではなく、特に個人再生手続きの場合は高度な専門知識を要する手続きとなるため、内容のしっかりした書面の提出が求められます。
もちろん書面上の不備があれば、細かい指摘をされることになってしまいます。
しかし、普通に生活をしていたら、個人再生の申立なんてする機会はないため、その都度、対応を学んでいかなければなりません。

この点、専門家であれば裁判所とのやり取りは日常茶飯事なので、確実に裁判所が求める書面の提出をすることが可能となり、スムーズに手続きを進めていくことができます。

不測の事態にもすべて対応可能

個人再生の申立準備をしていると、突如、債権者から裁判を起こされてしまうことがあります。
また、すでに債務名義を取得されていた場合、強制執行手続きに移行されてしまう可能性もあり、個人でやっているとそちらの対応もしなければなりません。
しかし、専門家であれば、そういった不測の事態にもすべて対応するだけの知識と経験がありますので、安心して手続きを進めていくことができるといえます。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ